あの有名配信者Tfueも使用している「Ducky One 2 mini RGB」ってぶっちゃけどうなの?

DE-AD viceでは、これまでにDucky製品の取り扱い説明書を翻訳し、使い方を解説した記事をいくつか投稿してきましたが、それらはあくまでもすでにDucky製品を使用しているユーザーを主なターゲットとしたものであり、まだDuckyを手にしていないユーザーにはあまり有益な情報は共有できていませんでした。

そこで今回は、Ducky製品の中でも特に人気の高い「Ducky One 2 mini RGB」を実際に使用して感じたぶっちゃけレビューを投稿します!

最近流行りのDucky製品をこれから使用してみたい!という方はぜひこの記事を参考にしてじっくり考えて下さい!


スポンサードリンク


Ducky One 2 mini RGBってどんなキーボード?

コンパクトな本体

Ducky One 2 mini RGBの一番の特徴と言えば、やはり本体の大きさでしょう

One 2 mini RGBの横幅はたった30cm、縦も10.5cmと本体がかなりコンパクトに設計されています。

one-2-mini-size

また、画像を見て頂ければ分かるように、キーの数も通常のキーボードと比較するとかなり少なくなっています。このキーボードにはテンキーはもちろん、F1~F12キーすら搭載されていません。本当にゲームに必要なキーのみを厳選し、最低限のものしか搭載されていないことが分かりますね

じゃあ搭載されていないキーはOne 2 miniで一切使用することはできないのか?と疑問に思う方もいると思いますが、実はそうではありません。

実はDucky One 2 miniには、普通にキーを押下した時Fnキーを押しながらキーを押下した時Fn+Altを押しながらキーを押下した時で、異なる動作が用意されているのです。なので、一見搭載されていないF1等の機能も、ショートカットで使用することができるのです。


RGBのカラフルなバックライト

もう1つ注目すべき特徴は、RGB LEDのカラフルなバックライト設定です

Ducky製品は、設定のためのソフトウェア等は一切必要なく、キーボード上の操作のみで全てが完結するように製造されています。バックライト設定も例外ではなく、計9パターンのプリセットバックライトの中から好みのものを設定することが可能です!

また、Duckyのバックライトはプリセットのものだけでなく、自身で自由なバックライトを設定することもできます。例えば、WASDだけバックライトを点灯させて他は消灯するといった設定も可能です。

他にも、コンパクトな本体からは想像できないほど様々な項目をカスタマイズすることができるので、世界に1つだけのキーボードを作り出すことができます!

細かい機能に関しては、Ducky One 2 mini RGBのマニュアルにまとめてありますので、ご一読下さい!

関連記事

流行りのゲーミングキーボード「Ducky One 2 mini RGB」。海外プロゲーマーやストリーマーの使用率は右肩上がりであり、日本でも認知度がみるみる上昇しています。 しかし、複雑な操作が必要な設定があるにも関わ[…]

one-2-mini-instruction

Ducky One 2 mini RGBの良かった点

さて、ここからは私が実際にDucky One 2 miniを使用して感じた、One 2 miniの良かった点、悪かった点を記載していきます!

まずは良かった点から。

良かった点

  • コンパクトでスペースを取らない
  • 作りがしっかりしている
  • 好みの角度を見つけやすい
  • ソフトウェアがいらない

1つずつ注目して見ていきましょう!

コンパクトでスペースを取らない

この項目に関しては、見ての通りですね。
先述したように、Ducky One 2 miniの大きさは、横が30cm、縦が10.5cmと、キーボードの中で最小といっても過言ではないサイズです。そのため、机上のスペースを広々と使用することができます
ここで、いかにDucky One 2 miniがコンパクトなのかを、他のキーボードと比較してみましょう。
razer-on-the-desk
ducky-on-the-table
念の為、2つを並べた画像も。
ducky-razer
ご覧頂けるように、One 2 miniはRazerのキーボードの2/3ほどの大きさしかありません。
机上の占有面積もRazerのキーボードよりもはるかに小さく、かなり机が広く見えます。何より机がかなりスッキリしますね!
机の上をスッキリ、広々と使用したい方にはおすすめです。

作りがしっかりしている

実際にDucky One 2 miniを使用してみないと分からないのが、本体の作りの良さでしょう。
私はかなり多くのメカニカルキーボードを使用してゲームプレイしてきましたが、その中には見た目は良いものの作りに少し問題があるキーボードがいくつかありました。例えば、
  • キーがカタカタして操作に違和感を感じる
  • ケーブルの接続が不安定
  • 使用しているとキーボード本体がずれていく

といったものです。これらの問題はそこまで重要な問題ではありませんが、ゲームをしている最中に発生するとかなりのストレスとなります。

現在はDucky One 2 miniをゲームに使用していませんが、使用していた数ヶ月の間に上記の問題を確認したことはありません
特に、キー(スイッチ)の作りはかなりしっかりしているように感じます。キーを押し込んだまま指を左右にグリグリと動かしてもキーのカタつきは少なく、キー操作に慣れていない方でも安定して操作をすることができると思います。
また、これに関しては完全に私の好みですが、キー本体の素材も良いです
Ducky製品のキーキャップはPBTと呼ばれる耐熱性に富んだプラスチックで製造されているのですが、触り心地がほど良いです。滑らかにカーブを描いたキーの形も心地良さを向上させています。表面も指が滑りすぎず、程よくキープ力のある仕上がりになっているので、ミスの確率を減らせます。

好みの角度を見つけやすい

一般的なキーボードのほとんどは、裏にあるスタンドのようなもので角度を調節することが可能です。

しかし、それらは角度を「つけるか」、「つけないか」の2択のみであり、随分と自由が限られます。角度をつけない状態だと奥の方のキーが押しにくいな、と感じてもスタンドを立てた際の角度も合わなかった場合、どうすることもできなくなってしまいます。

どちらの角度も気に食わないから使用するのをやめてしまうというのは、せっかく購入したのに勿体のないことです。

しかし、Ducky One 2 miniにはスタンドが2つ付いており、キーボードの角度を3通りの中から選択することができます。個人的には2つ目の画像の浅い角度での運用が好みです。

ducky-no-angle
ducky-low-angle
ducky-high-angle

その3通りで好みの角度が見つからなかったらどうする、と言われたらどうしようもないですが、そこまで自分の理想に完璧に沿うキーボードを発見するのも少々難しいでしょう。。。

ソフトウェアがいらない

人によっては、ソフトウェアを用いてキーボードの細かな設定をするのが億劫になるでしょう。
Ducky One 2 miniは、本体に必須のソフトウェアは存在せず、本体の設定のみで全てを完結させることが可能です。例えば、バックライトを変更して外見に変化を加えたい場合は、Fn + Alt + Tを押すだけで簡単にバックライトのパターンが切り替わります。
また、マクロ設定等の少し複雑なカスタマイズをする場合も、本体で完結することが可能なのです。
特に何も設定をする必要がない方は、USBケーブルでPCと接続するだけですぐに使用することができます。
ただし、これまで日本語配列(JIS)のキーボードを使用していた方は、PC本体のキーボード設定を英字配列に変更する必要があるため、ご注意下さい
スポンサードリンク

Ducky One 2 mini RGBの悪かった点

さて、次は使用して感じたDucky One 2 miniのマイナス面について正直に記載していきます。

悪かった点

  • 普段使用する場合はとても不便
  • 他のキーボードからの乗り換えが難しい
  • 日本語のマニュアルが付属していない

上記が、私が感じたOne 2 miniの悪い点です。振り返ると、性能面で悪かったポイントは特になく、素晴らしいキーボードであると改めて実感しました。しかし、その本体のコンパクトさ故の問題がいくつかあったので、紹介していきます。

普段使用する場合はとても不便

このトピックに関しては、コンパクトさを追求したDucky One 2 miniにおいては仕方のないことではありますが、やはり実際に使用してみると不便に感じることが多々あります。
矢印キーがない
まず私が一番不便だなと思ったことは、矢印キーが搭載されていないこと。キーを組み合わせることで矢印機能を使用することはできますが、やはりとても不便です。
私はスプレッドシートを用いてデータをまとめることがあるのですが、複数のキーを押してやっとカーソルが移動するというのはかなりストレスになります。結局私はスプレッドシートをいじる際は他のキーボードを接続していました。
その際にキーボードを変更する手間がかかるので、正直とても面倒臭いです。
以上の点から、普段エクセルを使用する方には全くおすすめできません
ファンクションキーがない
次に、Ducky One 2 miniにはキーボード上部のファンクションキーがないため、一部の機能が使いづらくなっています
代表例としては、F5のリロード。Fnキーを押しながら5を押すか、Ctrl + Rで代用することはできますが、やはり普段ワンタップでページリロードを行なっていた私としては不便極まりない!
また、アプリケーションを閉じるコマンドであるAlt + F4を実行する場合も、普段より押下する必要があるキーが1つ増えます。Altキーを押したままFnキーを押して4を押す。私はFnキーを押し忘れることがよくあり、一瞬あれ?となることがあります。
しかし、矢印キーとファンクションキーの問題に関しては、マクロを組むことで実はあっさり解決することができます。マクロの組み方等の操作方法は以下の記事にまとめてありますので、気になる方は確認してみて下さい!
関連記事

流行りのゲーミングキーボード「Ducky One 2 mini RGB」。海外プロゲーマーやストリーマーの使用率は右肩上がりであり、日本でも認知度がみるみる上昇しています。 しかし、複雑な操作が必要な設定があるにも関わ[…]

one-2-mini-instruction
テンキーがない
テンキーはそれほど使ってこなかったので、不便とまでは感じませんが、やはりあるとあるで便利なものです。
普段数字入力をテンキーで行なっている人は、普段使い用のキーボードを用意するか、テンキーのみのキーパッドを購入する必要があります

他のキーボードからの乗り換えが難しい

このトピックは先述した普段使いの難しさとほぼ同じことですが、フルサイズのキーボードから急に小型サイズのキーボードを使用すると、キーの配置や機能のアクセスの悪さに苦しみます
私は元々使用していたキーボードがRazer製の日本語配列のフルサイズキーボードであったため、乗り換えにはかなり苦労しました(最終的にはRazerに戻しましたが、、、)。

日本語のマニュアルが付属していない

Ducky One 2 miniの機能をフル活用する際は、少し複雑なコマンドを入力する必要があるのですが、そのコマンドが記載されているマニュアルに日本語の説明はありません。単語のニュアンスで分からないこともないですが、英語が分からない人には難しい説明も多いです。
日本でもだいぶDucky製品が流通してきたので、メーカーにて日本語のページも追記がされる可能性は高いですが、それまではぜひ当サイトの日本語マニュアルを参考にして下さいね
Ducky One 2 miniの日本語マニュアルはコチラ
関連記事

流行りのゲーミングキーボード「Ducky One 2 mini RGB」。海外プロゲーマーやストリーマーの使用率は右肩上がりであり、日本でも認知度がみるみる上昇しています。 しかし、複雑な操作が必要な設定があるにも関わ[…]

one-2-mini-instruction

まとめ

今回は、Ducky One 2 miniのぶっちゃけレビューを掲載しました。

実際に使用した限り、機能面に特にデメリットはなく、慣れるまでに時間がかかる可能性があるということ以外は完璧なキーボードとなっています

デスク上をスッキリさせつつ、確かな性能のゲーミングキーボードをお探しの方は、ぜひ購入を検討してみても良いのではないでしょうか??

dk-one2-mini-review
Twitterで最新情報をチェック!