ゲームに最適のメカニカルスイッチとは?トップ3をランキング形式で紹介!

皆さんはメカニカルキーボードの購入を検討している際、どのスイッチ(軸)にするか悩んでしまったことはないでしょうか?

ゲーム用のキーボードの代名詞でもある「メカニカルキーボード」は、一般的にオフィス等で利用されているメンブレンキーボードやパンタグラフキーボードとは違い、メカニカルスイッチと呼ばれる独立したスイッチを採用しており、比較的高価で、性能が良いものがほとんどです。

現在では、様々なメーカーがスイッチを製造しており、合計で数十種類ものメカニカルスイッチが存在しているため、それぞれのユーザーに最適なスイッチがきっと見つかるでしょう。

しかし、類似した性能のスイッチも多く、たくさんの人が「自分に最も合うスイッチはどれになるんだろう」「結局ゲームをするのに一番良いスイッチはどれなんだろう」と疑問に感じてしまうでしょう。悩んだ末、ネットでメカニカルスイッチについて調べてみても、多くのサイトが「押下圧~g」とか「タクタイルスイッチ」とか何やら見慣れない言葉を使っていたり、見たことのないようなグラフを掲載していますが、理解するのが難しいですよね。

そこで、本記事では、比較的知名度の高いCherry社製のスイッチに焦点を当て、一般的にゲームをプレイする上でおすすめのスイッチを以下の3つの項目でそれぞれ評価し、ランキング形式で紹介します

押しやすさ 押し込む途中で引っかかる心地のするスイッチはゲームにおいて少し使いずらくなるため、いかに滑らかにキーを押すことができるかに注目しています。
瞬発性 FPS等の素早い入力が必要なゲームでは、キーが速く反応する方が比較的有利になります。そのため、いかに速くキーが反応するかに注目して評価します。
音の静かさ 押下した際の音は、自分の思っているよりもボイスチャットの相手に聞こえているものです。また、使用する環境によっても音の大きいスイッチは使用できない場合もあるため、今回は静かさに注目して評価します。

スポンサードリンク

第1位:Cherry MX スピードシルバー軸

ゲームをプレイするために一番おすすめなのは、ズバリ、Cherry MX シルバー軸です

cherry_speed_silver

押しやすさ 5.0
瞬発性 5.0
音の静かさ 4.0
総合 4.6

スピードシルバー軸は、評価項目の全てに置いて優秀な性能を兼ね備えており、メカニカルキーボードデビューをする人にも大変おすすめのスイッチです!

まず、押しやすさですが、スピードシルバー軸は、押下するとスッ滑らかに押し込まれるタイプのスイッチで、非常に軽いタッチが特徴です。押し込むのに力があまり必要ではないため、特に力を入れずらい小指でも簡単にキーを押下することができます。

次に、瞬発性においては、Cherry MX スイッチの中でもトップの性能を誇っています。スピードシルバー軸は、キーが押し込まれて反応するまでの距離が最も短く設定されており、キーを押し込んでから元の位置に戻ってくるまでの速度が他のキーよりも速くなるように製造されています。

これはどういうことかというと、キーが反応するのが他のスイッチよりもかなり速いということです。FPSゲーム等の素早い入力な必要なゲームにおいて、スイッチの反応速度は速いに越したことはありません。

しかし、反応速度が速いという特徴にはデメリットも存在します。それは、誤入力が頻発する可能性があるということ。

キーボード操作の感覚がまだ掴みきれていないユーザーは、手元を確認せずに操作をすると、特に敵に撃たれたタイミングでキーの配置がこんがらがってしまうでしょう。その際に、少しでもキーに力を入れると反応してしまうため、意図せず他のキーを押してしまう可能性があります。ですが、練習する内に誤入力は確実に少なくなっていくので、このデメリットはそこまで気にしなくても問題はないでしょう。

音の静かさにおいては、他の項目よりも少し評価が下がり、スピードシルバー軸は少し底打ちした際の音が大きい印象があります。底打ちとは、キーを一番下まで押下することであり、タイピングをした際の擬音語でもある「カタカタ」という音がそれにあたります。

このスイッチは、このカタカタ音が比較的大きく、ボイスチャット先の友人に「キーボードの音めっちゃ入ってるよ!」と言われたことがあります。マイク設定を見直すなどして音の面をカバーする必要がありますね。

第2位:Cherry MX 赤軸

2位に選んだスイッチは、Cherry MX 赤軸です

cherry_red

押しやすさ 5.0
瞬発性 4.5
音の静かさ 4.0
総合 4.5

赤軸もスピードシルバー軸と似たような仕上がりのスイッチであり、ゲームをする上でかなり優秀です。

押しやすさの面では、スピードシルバー軸と同じく滑らかに押し込むことができるため、評価は満点の5としています。赤軸も軽いタッチになるよう製造されているため、小指でも簡単に押下することができます

瞬発性は、スピードシルバー軸より少し低い評価となっています。シルバー軸と比較すると、反応するまでの距離がかなり長くなっています(0.何ミリの世界の話ですが)。ですが、実際のところこの距離の差による影響を体感できる人はいないでしょう。

私は赤軸のキーボードも頻繁に使用していますが、シルバー軸よりも反応が遅いなあと感じたことは一度もありません。数値上では確かにシルバー軸よりも劣っている赤軸ですが、問題なく使用することができるスイッチです!

音の静かさに関しては、シルバー軸と同じ点数であり、赤軸も底打ちした際の音が少し気になります。体感シルバー軸よりも小さいかな?と個人的に感じますが、音の大きさはほぼ同じです。実際全く音が気にならないという人も多いかと思います!

しかし、このスイッチもマイク設定の見直しをしないと友人から注意を受ける可能性があるので、少し注意しましょう!

第3位:Cherry MX 静音赤軸

3位には、Cherry MX 静音赤軸を選出しました

cherry_silent_red

押しやすさ 3.5
瞬発性 4.0
音の静かさ 5.0
総合 4.1

静音赤軸は、赤軸をベースに押下した際の音を極限まで小さくしたモデルとなっています。

この軸の押しやすさは、個人的にはあまりよくは感じません。押し込むのに必要な力は、数値上は上位の2つと同じですが、どうも少し重たく感じます。スイッチを静音化するために施している技術が関係している可能性があります。

これは私の体験談ですが、静音赤軸のキーボードを使ってR6Sをプレイすると、どこか小指でキーが押下しずらく、Q,Eキーでのリーンを多用すると指が疲れる感じがします。あくまでも個人的な感想ですので、そういう風に感じる人もいるんだなという程度に捉えて頂けると幸いです。

瞬発性は、赤軸と同じ4.5としています。反応するまでの距離は、数値的に見ると赤軸よりも短いのですが、上記の押しにくさのせいでどうも反応が悪いように感じてしまいます。これも私の体験談ですが、普段シルバー軸を使用してゲームをプレイしていると、静音赤軸を押下した際に「なんか反応遅くないか?」と感じることが多々あります。反応自体に問題はありませんが、やはり押しにくさのせいもあって、瞬発性は少し低い評価としました。

静音赤軸の音の静かさに関しては、何も文句はありません。このスイッチの底打ち時の音は「カタカタ」というよりも「スコスコ」と表現する方が正しいですね。少し強めにキーを押下しても、音はほとんど聞こえません。

ボイスチャットをしながらのプレイにも最適なスイッチであり、オフィス等の空間でも周りの目を気にせず問題なく使用することができます。


以上、ゲームをする上でおすすめできるメカニカルスイッチを紹介しました。

当記事を参考に、ぜひメカニカルキーボードを購入してみてください!

cherry-ranking
Twitterで最新情報をチェック!